トップへ » 当院の6つの特徴 » 非抜歯矯正を目指す

"非抜歯矯正"とはどういうことかご存知でしょうか?

非抜歯矯正とはどういうことかご存知でしょうか

永久歯の総数は32本。これはなんと原始人と同数なのです。
強大なアゴを持った原始人は全ての永久歯が余裕をもってゆったりと並んでいました。

一方、進化の進んだ現代人のアゴは退化が著しく、とても全部の歯は収まりきらなくなってしまいました。特に親知らずは萌えきらず埋まってしまうことが多いのです。

つまり現代ではアゴや歯の大きさが標準であれば永久歯28本でつり合うということです。一般に"非抜歯矯正"というと、親知らず以外は抜歯しない"28本以上"のことを言うのです。
矯正が必要な方の多くはアゴと歯の大きさがつり合っていないため、中にはやむを得ず"24本仕上"にせざるを得ないケースも出てくるのです。

とはいえ、抜歯は非常に重い処置ですので、当院では"抜歯はあくまでも最後の手段"をモットーに、可能な限り非抜歯を追及しています。
アゴの成長が期待できる子供のうちに治療開始することが、非抜歯のためにもキーポイントと言えます。

実は、抜歯にもメリットがあります

実は、抜歯にもメリットがありますしかしながら、無理に非抜歯で矯正治療を進めた結果、治療後に口元の前突感が生じてしまったり、後戻りなどの不具合が発生してしまう場合があるのも事実です。抜歯か非抜歯かに関しては、患者さん個々のケースに応じて、総合的、長期的な視野に立って判断することが大切というわけです。

もちろん、最終的に抜歯するかどうかは、メリット・デメリット等を十分にご説明の上で、患者さん自身にもご判断していただくようにしています。患者さんとの同意ない治療は、決しておこないません。

関連ページリンク

当院の6つの特徴院長の技術力料金表見えない装置
痛みの少ない治療非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ
お子さんの歯並びについてあなたの歯並びはどれ?(治療例)よくあるご質問
医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の6つの特徴 » 非抜歯矯正を目指す


コールバック予約