トップへ » 当院の6つの特徴 » 見えない装置

「装置が見えるのがイヤ」という方へ

「装置が見えるのがイヤ」という方へ

「人から見えない矯正装置ってないんですか?」「矯正装置を付けていて恥ずかしい思いをしたくない」――最近、多くの患者さんからこういった質問をいただくようになりました。中には装置が目立つことを理由に、矯正歯科治療を諦めてしまった方も多いと聞きます。

でもそう悲観することはありません。今や医療技術が進歩し、次々と目立たない矯正装置が開発されています。このページでは、目立たない矯正装置についてご説明します。

【セラミックブラケット】歯となじむ。白い矯正装置
【リンガルブラケットによる治療】
【床装置、クリアアライナー、インヴィザライン】

 

【セラミックブラケット】歯となじむ。白い矯正装置

セラミックブラケット従来の矯正治療では、銀色の金属製の装置が主流でした。しかし近年、金属を半透明で目立ちにくいセラミックに変更した、新しい矯正装置が登場しています。

この装置は「セラミック ブラケット」とよばれ、歯に装着するパーツが白いセラミック(陶器)でできているため、歯とよくなじみ、目立ちにくいのが特徴です。金属製に比べ欠け易い点がありますが、仕上がりには影響ありません。
 

【リンガルブラケットによる治療】

リンガルブラケット歯の裏側に装置をつけるため表からは見えず、人知れず治療を受けられることを謳い文句にした治療法です。一見患者さんの強い見方のように思われますが、実は大きな落とし穴がありますので注意が必要です。

治療中の外観面でのメリット以外は通常の表側治療法に対しすべての点でデメリットと考えた方が良いようです。特に仕上がり精度はかなり見劣りがするケースが多いため当院では特殊な事情がある方以外はお勧めしていません。
 

【床装置、クリアアライナー、インヴィザライン】

床装置、クリアアライナー、インヴィザラインこれらの装置の特徴は患者さん自身が簡単に着脱できる簡便なものですが、やはりこれらの装置にも治療効果の点で大きな疑問符がつきます。
取り外し式なだけにその効果は限定的で患者さん本人の使い方に委ねられるため不安定なものになりがちです。

そもそもがこのような装置はそれほど高い能力を持ったものではないため、使用する場合でも矯正専門医はあくまでも補助の装置として利用しています。

関連ページリンク

当院の6つの特徴院長の技術力料金表見えない装置
痛みの少ない治療非抜歯矯正を目指す治療の期間・流れ
お子さんの歯並びについてあなたの歯並びはどれ?(治療例)よくあるご質問
医療費控除

矯正歯科カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の6つの特徴 » 見えない装置


コールバック予約