トップへ » 当院の6つの特徴 » 院長の技術力 » 3500症例の治療に携わってきた矯正「専門医」

3500症例の治療に携わってきた矯正「専門医」

3500症例の治療に携わってきた矯正「専門医」渋谷で開業して、約40年。当院院長/今村は現在まで3500症例以上の歯並びを治してきました。難症例から、小さなお子さん・年配の方の症例まで、数多くの歯並びを改善してきた実績があります。

また、高い認定基準から取得するのが困難とされる、日本矯正歯科学会による「専門医」の資格を持ったドクターであることも忘れてはなりません。「専門医」と して認められるには、高い技術レベルと豊富な経験、そして深い専門知識が必要です。現在、「専門医」は全国の矯正歯科治療をおこなっているドクターのわずか1.3%(260人)しかおりません。
f
ちなみに、専門医になるための試験の合格率は、平均して約50%。資格取得後も、5年ごとに症例を提出し試験に通らないと更新できない、厳しい資格です。「全国で矯正歯科治療をしているドクターの頂点に立つ存在」―それが、「専門医」の資格を持ったドクターです。又、学会認定資格には「認定医」「指導医」「専門医」の三種があります。

認定医になるためには?
「認定医」は、5年以上「日本矯正歯科学会」に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において矯正臨床の5年以上にわたる経験が必要です。また、学術誌に報告を発表。審査に合格した者に与えられます。矯正治療をおこなっている歯科医師約20,000人中、認定医は約2600人います。

指導医になるためには?
「指導医」になるためには、12年以上の矯正治療経験をもち、認定医取得後大学病院で3年間の教育歴がなければ取得できない資格です。現在、日本矯正歯科学会指導医は、全国に約570人います。とはいえ、指導医は新人矯正医に矯正学と治療の基本を教えるプロであり、矯正治療のプロではありません。

専門医になるためには?
「専門医」とは「認定医」「指導医」よりも、臨床医としてさらにハイレベルな資格です。専門医になるためには、認定医であり認定医資格を取得後に5年毎に行われる更新試験に2回以上合格している者に専門医受験資格が与えられ、最近10年以内に矯正臨床に関する論文、著書または学会発表があること、さらに加えて提出症例審査に合格することが必要です。 


トップへ » 当院の6つの特徴 » 院長の技術力 » 3500症例の治療に携わってきた矯正「専門医」


コールバック予約