«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯間ブラシの使い方 | メイン | 赤ちゃんの歯に気をつける »

2018年6月20日

我が子に「歯科矯正を受けさせるかどうか」というのは、とても悩むことだと思います。
しかし、こどもの歯並びを悪いままにしておくことで、将来により大きな問題に発展してしまうリスクが高まるのです。

主なリスクを紹介しましょう。

* うまく話しにくくなる
歯並びがひどく悪い場合、舌をうまく動かすことができず、滑舌が悪くなることがあります。こどものころにそういった癖が付いてしまうと、大人になってからの改善は更に困難なものになります。

* 虫歯や歯周病になりやすくなる
歯並びが悪いと、どうしても歯磨きで磨き残しができてしまいがちとなり、どうしても虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。

* 咬み合わせのバランスが悪くなる
しっかり咬み合う歯が少なくなり咬みづらいばかりか、負担の重い歯は傷みだし将来歯を失ったり、顎関節症に成ってしまうケースが多く見られます。

もちろん、ごく軽度の歯並びのずれは、成長するにつれて治ってくることもあります。
こどもの歯並びが気になるのであれば、1度歯科医師に相談することをおすすめします。

当院の紹介はこちら
http://www.imamura-ortho.net/

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
今村矯正歯科クリニック

今村矯正歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

今村矯正歯科クリニック
http://www.imamura-ortho.net/