«  2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯ブラシだけでは足りない | メイン | 歯間ブラシの使い方 »

2018年6月13日

歯科矯正治療中に気をつけなければいけないことの1つに、「きちんと歯みがきすること」があります。

もちろん、歯科矯正治療中に限ったことではありませんが、矯正治療中は特に虫歯や歯周病のリスクが高まっていますので、より気をつけなければいけません。

今回は、特に矯正治療中に気をつけるべき歯みがきのポイントをお伝えしましょう。

・1本ずつ丁寧に
歯みがきをするとき、歯をまとめてゴシゴシと磨いていないでしょうか?

残念ながら、それでは磨き残しが多くなってしまいますので、「今どの歯を磨いているのか説明できる」ように、確実に1本ずつ磨くようにしましょう。

・歯と矯正装置を意識して
矯正治療中は、歯に矯正装置(ブラケット)を装着しています。そのため、ブラケットを境にしてその上下の歯面と、歯とブラケットの隙間を意識しながら磨くようにしなければいけません。

・歯と歯の間も忘れずに
歯と歯の間は、矯正装置の有無に関係なく汚れが溜まりやすいので、より丁寧に磨きましょう。

矯正装置があるので難しいかもしれませんが、歯間ブラシやデンタルフロスなどを使ってキレイにしましょう。

・歯と歯茎の間は小刻みに
歯と歯茎の間も、歯と歯の間と同じように汚れが溜まります。特に歯周病の原因ですので、きちんと磨きたいものです。

歯ブラシを斜め45度に軽く押し当てて、小刻みに震わせるようにすれば、隙間の汚れを落とせますので、1本ずつ丁寧に磨いておきましょう。

矯正治療中は、定期的に検診をし、必要であればクリーニングもしますが、日頃の歯みがきはとても重要です。
時間をかけてじっくりと磨きましょう。

当院の紹介はこちら
http://www.imamura-ortho.net/

Categories

  • カテゴリー1
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
今村矯正歯科クリニック

今村矯正歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

今村矯正歯科クリニック
http://www.imamura-ortho.net/