«  2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月13日

歯科矯正では、矯正装置をセメントのような接着剤で歯に固定し、そこにワイヤーを固定しています。
一般的には食事中に外すことはありませんので、そのまま食事ができるようになっています。
しかし、いくつかの食べ物については、気を付けなければ、矯正装置を壊してしまうことがあるのです。

いくつか、紹介しましょう。

・ナッツ類
ピーナッツやアーモンド、カシューナッツなど、低カロリーで各種栄養も豊富、美容にもってこいのおやつです。

しかし、ナッツ類を噛み砕いたあとの小さな固い破片が、矯正装置の隙間に入り込んで、壊してしまうことは少なくありません。

そのまま食べる場合だけではなく、パンやケーキに入っている時もありますので、気を付けなければいけません。

・ガム、キャラメルやお餅
歯につきやすいガム、キャラメルやお餅などは、矯正装置に絡みついてしまうとうまく取ることができません。
そのため、無理に取ろうとして、矯正装置を壊してしまうことも少なくないでしょうし、放っておくと虫歯の原因になります。

・魚の骨
焼き魚や煮魚、お刺身にすら、小骨があることはあります。小骨が矯正装置の隙間に入り込んでしまうと、なかなか取ることができず、矯正装置が壊れてしまうこともあるでしょう。
壊れてしまわなくても、隙間に小骨が入ったままでは、虫歯や歯周病、ケガの原因になってしまいます。

・野菜スティックなどの生野菜
生野菜は意外に固いものです。ナッツや魚の小骨ほどのことはありませんので、油断してしまいがちですが、隙間に入り込んだかけらのせいで矯正装置が壊れてしまうことがあります。

以上のように、固いものや歯につきやすいものには、気を付けなければいけません。

矯正治療中は、何かと不便な思いをしてしまう時もありますが、治療が終わった暁には、美しく健康的な生活が待っています。
しばらくの間の辛抱ですので、歯科医師と共に、頑張っていきましょう。

当院では、患者様に寄り添いながら、親身になって矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年12月 6日

歯科矯正治療は、ブラケットと呼ばれる装置を歯に接着し、ワイヤーをかけて歯に力をかけることで行っていきます。

このブラケットやワイヤーは金属でできていますので、笑ったときなどに歯を見せると、比較的目立ってしまうものです。

しかし欧米では、歯科矯正は1つのステータスとして確立しており、矯正装置が目立つことに抵抗がまったくない人が多いようです。中には、「もっと目立たせて欲しい」という要望すらあるという話も聞きます。

一方、日本では、まだまだ歯科矯正は一般的なものではなく、矯正器具はできる限り目立たせたくないと考える人が多いです。

そのため、透明な矯正装置や歯の裏側に設置する装置など、様々な治療法や治療装置が編み出されています。

そんな中にあって、矯正治療を行っている女性や子供の中で、矯正装置でおしゃれすることが静かなブームになっていることを、ご存じでしょうか?

ブラケットにワイヤーを縛り付けて固定する結紮線(けっさつせん)は、金属やゴムを用います。このゴムの結紮線を、敢えてピンクや黄色など、目立つカラーの付いたものを利用するのです。

そうすることで、笑顔を見せたときにカラフルな色が目に入り、より明るい印象を与えるというわけですね。

できる限り矯正装置を目立たせないようにと苦慮している歯科医師たちを尻目に、世の女性や子供は、マイナスの状況を楽観的に捉え、プラスに変えているということでしょう。

但し、ゴムの使用が歯の移動にマイナスに働くことも有りますので、見栄えばかりでなく
治療効果についても考えて頂くことも重要です。

当院では、できる限りその装置のメリットやデメリットについて患者様のご理解を頂いた上での矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月22日

かみ合わせのずれには、いろいろな原因がありますが、日頃の生活習慣が大きく影響しています。

小学生くらいまでは顎が成長している時期ですので、このころの生活習慣はもっとも大きく影響するでしょう。

しかし、その後、永久歯が生え揃ったあとでも、生活習慣はかみ合わせに影響します。
悪い習慣が続けば、かみ合わせをずらしてしまうのです。

ただ、それは逆に、生活習慣を見直し、きちんと対処することで、多少のずれは修正し、防ぐことができるということも表しています。その方法をいくつか紹介しましょう。

1. 悪い癖をやめる
次のような癖のある人は、すぐにやめるようにしましょう。

・頬杖
・はぎしり、くいしばる癖
・片方だけで噛む
・指しゃぶり
・舌で前歯を押す
・舌を下げる(平常時に上の前歯の裏ではなく、下の前歯の裏に舌先が当たっている)
・口呼吸

2. 固いものを良く噛んで食べる
食事では、左右両方の奥歯でバランス良くしっかりと噛むことが重要です。

3. 舌の筋肉を鍛える
特に1.で紹介した舌を下げる癖のある人は、舌の筋肉が衰えてしまっていることが考えられますので、舌の筋肉を鍛えることが重要です。

鍛え方は様々ですが、簡単なものは、以下の動作を1日に30回行う「あいうべ体操」と呼ばれるものです。

 (1)「あー」と大きく口を開く
 (2)「いー」と大きく口を横に広げる
 (3)「うー」と強く口を前に突き出す
 (4)「ベー」と舌を大きく下へ伸ばす

上記の3点を実施することで、かみ合わせのずれを防止、修正するだけでなく、滑舌が良くなったり、ほうれい線が薄くなったりするなどの効果も期待できます。

ただし、目で見て分かるような大きなずれは、これらではなかなか改善されません。そんな時は、ぜひ歯科医師にご相談ください。

当院では、3,000例以上の治療実績がある専門医が矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月 8日

職場に新しい人が入ってきたとしましょう。

1人はニコニコとした笑顔が絶えない人、もう1人は緊張して笑顔がない人、どちらの方が第一印象が良いかは明白です。

もちろん、状況によりますので常に笑っているのもおかしな話ですが、笑顔で表情が豊かな人の方が印象が良いのは、誰もが納得すると思います。

そして、この笑顔には歯を見せて笑う笑顔と、歯を見せずに笑う笑顔の2種類があります。
日本人は、昔から、口元を隠して奥ゆかしく笑うことが良しとされ、口を開いて歯を見せて笑うのは、あまり良いことではありませんでした。
そのため、初対面での社交的な笑顔では、日本人は歯を見せて笑うことがほとんどありません。

しかし、実際のコミュニケーションの場では、歯を見せて笑う方が明らかに親近感を覚え、良い印象を与えてくれるのです。そのため、女優やタレントは、笑顔を作る訓練を受けることが多いのです。

ただし、それが分かっていても、過去の習慣や、日本人独特の恥ずかしさもあって、人前で歯を見せて笑うことはなかなかできないのが本音でしょう。
また、日本人の多くの人が歯並びにコンプレックスを抱いているとも言われていますので、それも大いに関係があると思います。

人との出会いにおいて、第一印象はとても重要なものです。もし、きれいな歯並びがあれば、その最初の一歩を、自信を持って進めることができるのではないでしょうか?

当院では、数多くの治療実績を持つ専門医が矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月25日

2017年6月、米国科学誌「Journal of Dental Research」に歯の健康と寿命の関係を示す論文が掲載されました。
それによると、高齢になっても自分の歯を多く保持している人は、健康で長生きであることを明らかにしています。(健康寿命も長く、要介護期間は短い)

また、歯周病と成人病やがんなどには、優位な相関(関連性)があるとも言われています。

歯周病がある人は、ない人に比べて発がん率が14%も高いという統計がありますし、心臓病のリスクは、歯周病を患っている人の方が数倍高いという報告もあります。

そもそも、大半の歯周病は口腔内のケアをうまくできないことで起こる症状です。そのため、歯並びやかみ合わせが悪い方が、発症リスクは高くなります。

つまり、歯並びやかみ合わせが悪ければ、歯周病の発症リスクが高まり、発がん率や心臓病のリスクが高まるのです。また、歯周病を患うと歯を失うことにつながりますので、それは、その人の健康や寿命に影響するということになるわけです。

もちろん、歯並びやかみ合わせが悪くても、日々の歯磨きなどの口腔ケアをきちんと出来るのでしたら歯周病のリスクが上がることはありません。しかし、実際には歯並びやかみ合わせが悪いと、なかなかきちんとケアできないものです。

つまり、歯並びやかみ合わせを整える歯科矯正を行えば、見た目や精神的な若さを得るだけでなく、口腔内のケアを容易にすることができ、寿命を延ばすことにもつながるかもしれない、ということです。

当院では、患者様によりよい生活をしていただくために、矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月11日

歯科矯正中は、矯正装置を取り付けていますので、なかなか思うように食事がとれません。
治療を始めた当時は特に、いつもと違う感覚で食事が進みにくいものでしょう。

しかし、歯科矯正しているからといって、食事制限をされているわけではありません。特に食べてはいけないものはありませんので、しっかりと食べて元気に過ごしましょう。

ただし、いつもと違っているわけですから、食べやすい食事や食べにくい食事があるのも事実です。
ここでは、歯科矯正中でも食べやすい食事を紹介しましょう。

・お粥や雑炊、リゾットなど
身体が温まり、しっかりと栄養がとれる食事としては、お粥や雑炊は最適です。しっかりと煮込んだ肉や野菜を入れることで、ボリュームも出ます。

・シチューやミネストローネ
野菜や肉をしっかりと煮込んで作るシチューやミネストローネなどのスープ類も、お粥同様、歯科矯正中の食事に最適です。

・豆腐料理
高タンパク低カロリーな食材の代表選手である豆腐は、湯豆腐や味噌汁の具だけではなく、豆腐ハンバーグや麻婆豆腐など、さまざまなアレンジが可能です。おいしくいただいてしっかりと栄養をとりましょう。

・卵料理
豆腐と同様に、栄養豊富な食材の卵も、いろいろな食事にアレンジできます。卵焼きやオムレツなどもよいですが、卵をたっぷりと使ったカツ丼や親子丼も、お肉を柔らかく煮込めば十分においしくいただけます。

以上のように、歯科矯正中には、できるだけ柔らかいものや隙間に入りにくいもの(入ってもとれやすいもの)を摂るようにしましょう。ただし、冒頭に説明したように、食事制限がされているわけではありませんので、気を付けながらも、しっかり食べることが重要です。

当院では、患者様の立場に立った矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月 4日

精神的コンプレックスや顎への影響を考慮すると、子供のころに歯科矯正を受けていただくメリットは多いと思います。

しかし、メリットのある物事にも、必ずデメリットがあるものです。
ここでは、小児矯正のデメリットについて紹介しましょう。これらのデメリットも踏まえた上で、しっかりと判断しなければいけません。

・虫歯になりやすい
矯正装置は複雑な形状をしているため、どうしても磨き残しが発生しやすく、虫歯になりやすい状態になります。それは大人の矯正でも同様ですなのですが、特に小さいお子さんは自分できちんと歯を磨くことが難しいようです。そのため、周りの大人が仕上げ磨きをしっかりとしなければいけないでしょう。

・治療期間が長くなることがある
子供のころに行う歯科矯正は、大人と違って「成長中の顎」に対して行います。そのため、小さいころから矯正しても顎の成長や歯の生え変わりなど観察を続けることが必要と成ります。そのため、全体として治療期間が長くなってしまうことがあります。

当院では、矯正専門医がきちんと説明した上で治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年9月27日

歯科矯正治療は、他の歯科治療と違って、万全の準備のもとに時間をかけて治療していきます。
もちろん、歯科医師によってその進め方は違っていますが、大きな流れに違いはありません。事前に知っておいた方がスムーズですので、簡単に紹介しましょう。

1. 初診・相談
初診時のカウンセリングです。おおよそ1時間程度で、患者さんのご要望をお伺いした上で患者さんに矯正治療についてのあらましを説明させて頂きます。内容は、治療の必要性の確認、方向性、開始する最適な時期と、予想される期間や費用などです。

2. 精密検査
口のレントゲン撮影や歯型の採取、顔や口の写真を撮影し、正確な診断や治療に必要な情報を集めます。この結果、初診とは違った見解になる場合もあります。

3. 診断(治療計画の策定と説明)
精密検査と治療目標から、具体的な治療計画を策定し、患者さんにご説明致します。治療方法や矯正装置に複数の選択肢がある場合は、それぞれのメリットデメリットが医師から説明されますのでご一緒に考えて頂きます。

4. 治療開始
まず、虫歯などがあればこの時点で先に治療を行います。その後、矯正治療の開始になります。矯正装置の設置後に正しく歯磨きができるような歯磨き指導も行います。

5. 装置装着
装置によって違いますが、1ヶ月から数ヶ月に1度程度は通院して経過観察と診断を行います。歯磨き指導も合わせて行います。年齢や治療内容によりますが子供で5〜6年、大人で2〜3年はかかると思った方が良いでしょう。

6.保定
矯正装置による歯の移動が完了したら終わりではありません。矯正装置を外すことで、歯が元の位置に戻ることがありますので、歯の位置が固定するまで「リテーナー」と呼ばれる装置を取り付けます。その後、歯の根が固定されれば、治療完了です。

当院では、患者様との同意のもとに矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年9月20日

歯科矯正を実施するタイミングは、一般的に子供のころが多いかもしれません。
しかし、当然ですが大人になってからも歯科矯正は行えますし、そのメリットもたくさんあります。

ここでは、大人が歯科矯正に踏み出すメリットを紹介します。

メリット1. 消化能力が高まる
歯科矯正では、かみ合わせを改善します。かみ合わせが良くなるということは、それだけしっかり食事で噛むことができるということです。消化能力が高まり胃腸への負担が軽くなりでしょう。

メリット2. 発音が明瞭になる
かみ合わせが悪い場合、サ行やタ行などの発音がうまくできなかったり、口を大きく開けることができず、声がこもったりするなど、うまく話せないことがあります。
歯科矯正でかみ合わせを整えることで、発音し易くなるかと思います。

メリット3. 虫歯や歯周病、口臭が防げる
歯並びが悪いと、どうしても磨き残しができ、プラークがたまって歯石がつくなど、口腔内の衛生状態が悪くなります。そのため、虫歯や歯周病が生じやすくなり、口臭も発生することになりかねません。
歯科矯正を行うと、歯並びが良くなりますので、磨き残しが減り、虫歯や歯周病の予防が期待できます。その結果、口臭の予防へと可能性が広がります。

メリット4. 肩や首のこり、腰痛などが改善する
かみ合わせの悪さから顎のずれが起きることで、首や肩の筋肉が緊張して、肩や首のこりが発生します。また、顎のずれは身体のバランスを崩しますので、それを補完するために腰に負担がかかって腰痛を引き起こす可能性もあります。

これら、かみ合わせの悪さから来る身体の不調を、歯科矯正を行うことで改善することも多く見られます。

当院では、身体全体の健康を重視した矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年9月13日

一般の方には歯科矯正は審美治療であり、外見を改善する治療と思われがちです。

当然ながらそのような効果は結果として期待出来るのですが、ただし、美容外科のように形を整えることだけを目的としているのではありません。

かみ合わせの悪さは多くの場合ご本人は自覚しにくい「噛みにくさ」を生みます。そして、噛みにくさは自然に偏った咬み方をすることとなり、結果として顎の筋肉の左右バランスが崩れます。すると、ますます噛みにくくなって、多くの場合「できるだけ噛まない」ような食生活を送るようになってしまうのです。

また、顎の左右のバランスが崩れたまま放っておくと、最終的には顎がずれた状態になってしまいます。さらに、顎のずれに影響される形で頭の位置がずれ、首や肩に余計な負担がかかってしまいます。

かみあわせを改善する矯正治療には全身への負担を軽減し、より質の高い健康を獲得することに意義が有るのです。

当院では、患者様の希望に即した矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

今村矯正歯科クリニック

今村矯正歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

今村矯正歯科クリニック
http://www.imamura-ortho.net/