«  2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年12月13日

歯科矯正では、矯正装置をセメントのような接着剤で歯に固定し、そこにワイヤーを固定しています。
一般的には食事中に外すことはありませんので、そのまま食事ができるようになっています。
しかし、いくつかの食べ物については、気を付けなければ、矯正装置を壊してしまうことがあるのです。

いくつか、紹介しましょう。

・ナッツ類
ピーナッツやアーモンド、カシューナッツなど、低カロリーで各種栄養も豊富、美容にもってこいのおやつです。

しかし、ナッツ類を噛み砕いたあとの小さな固い破片が、矯正装置の隙間に入り込んで、壊してしまうことは少なくありません。

そのまま食べる場合だけではなく、パンやケーキに入っている時もありますので、気を付けなければいけません。

・キャラメルやお餅
歯につきやすいキャラメルやお餅などは、矯正装置に絡みついてしまうとうまく取ることができません。
そのため、無理に取ろうとして、矯正装置を壊してしまうことも少なくないでしょうし、放っておくと虫歯の原因になります。

・魚の骨
焼き魚や煮魚、お刺身にすら、小骨があることはあります。小骨が矯正装置の隙間に入り込んでしまうと、なかなか取ることができず、矯正装置が壊れてしまうこともあるでしょう。
壊れてしまわなくても、隙間に小骨が入ったままでは、虫歯や歯周病、ケガの原因になってしまいます。

・野菜スティックなどの生野菜
生野菜は意外に固いものです。ナッツや魚の小骨ほどのことはありませんので、油断してしまいがちですが、隙間に入り込んだかけらのせいで矯正装置が壊れてしまうことがあります。

以上のように、固いものや歯につきやすいものには、気を付けなければいけません。

矯正治療中は、何かと不便な思いをしてしまう時もありますが、治療が終わった暁には、美しく健康的な生活が待っています。
しばらくの間の辛抱ですので、歯科医師と共に、頑張っていきましょう。

当院では、患者様に寄り添いながら、親身になって矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年12月 6日

歯科矯正治療は、ブラケットと呼ばれる装置を歯に接着し、ワイヤーをかけて歯に力をかけることで行っていきます。

このブラケットやワイヤーは金属でできていますので、笑ったときなどに歯を見せると、比較的目立ってしまうものです。

しかし欧米では、歯科矯正は1つのステータスとして確立しており、矯正装置が目立つことに抵抗がまったくない人が多いようです。中には、「もっと目立たせて欲しい」という要望すらあるという話も聞きます。

一方、日本では、まだまだ歯科矯正は一般的なものではなく、矯正器具はできる限り目立たせたくないと考える人が多いです。

そのため、透明な矯正装置や歯の裏側に設置する装置など、様々な治療法や治療装置が編み出されています。

そんな中にあって、矯正治療を行っている女性や子供の中で、矯正装置でおしゃれすることが静かなブームになっていることを、ご存じでしょうか?

ブラケットにワイヤーを縛り付けて固定する結紮線(けっさつせん)は、金属やゴムを用います。このゴムの結紮線を、敢えてピンクや黄色など、目立つカラーの付いたものを利用するのです。

そうすることで、笑顔を見せたときにカラフルな色が目に入り、より明るい印象を与えるというわけですね。

できる限り矯正装置を目立たせないようにと苦慮している歯科医師たちを尻目に、世の女性や子供は、マイナスの状況を楽観的に捉え、プラスに変えているということでしょう。

こういった切り替えは、我々歯科医師も見習って、より柔軟に対応できるようにしていかなければいけません。

当院では、できる限り患者様の希望に添った方法での矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月29日

じつは、ほとんどの人が、歯科矯正治療を受けるほどではないが、じつはかみ合わせがずれています。
もちろん、ほとんどの人はその影響を感じることはありませんが、中には、そのずれが徐々に広がっていき、肩こりや首のこりなどの症状を起こしてしまう場合もあるのです。

そこで、何らかの症状が発生する前にかみ合わせのずれをなくしていくために、日頃から簡単にできる方法を紹介しましょう。

それは、ガムを使用する方法です。

使用するのは、粒ガムで、以下のように行います。(板ガムでもできなくはないですが、バランスが取りにくいでしょう)

1. 粒ガムを左右の奥歯で1粒ずつ均等に噛む
奥歯でしっかりと噛み、前に出てこないように注意してください。なお、片方での噛み癖がある人は、噛み癖がある方に1粒、逆に2粒噛んでください。

唾液が出てきたら、ガムを飲み込まないように噛みしめながら唾液を飲み込みましょう。

2. ガムが十分柔らかくなったら、舌でガムを集めて舌の上で丸めます
もし丸めることができなければ、舌の筋肉が衰えています。できる限り丸めるようにして、舌の筋肉を鍛えましょう。

3. ガムを丸めたら、上顎に押しつけて広げます
できる限り広く薄く広げてください。

4. ガムが動かないように舌で押さえながら、唾液を飲み込みます
このとき、舌の奥を意識しながら唾液をゴクンと飲み込みましょう。

上記の方法を1日に2~3回続ければ、顎のずれは改善し、ついでに舌の筋肉も鍛えることができます。

なお、使用するガムは、キシリトールを使ったガムにしてください。(虫歯の発生を防げます)

当院では、患者様の意向に添った矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月22日

かみ合わせのずれには、いろいろな原因がありますが、日頃の生活習慣が大きく影響しています。

小学生くらいまでは顎が成長している時期ですので、このころの生活習慣はもっとも大きく影響するでしょう。

しかし、その後、永久歯が生え揃ったあとでも、生活習慣はかみ合わせに影響します。
悪い習慣が続けば、かみ合わせをずらしてしまうのです。

ただ、それは逆に、生活習慣を見直し、きちんと対処することで、多少のずれは修正し、防ぐことができるということも表しています。その方法をいくつか紹介しましょう。

1. 悪い癖をやめる
次のような癖のある人は、すぐにやめるようにしましょう。

・頬杖
・はぎしり、くいしばる癖
・片方だけで噛む
・指しゃぶり
・舌で前歯を押す
・舌を下げる(平常時に上の前歯の裏ではなく、下の前歯の裏に舌先が当たっている)
・口呼吸

2. 固いものを良く噛んで食べる
食事では、左右両方の奥歯でバランス良くしっかりと噛むことが重要です。

3. 舌の筋肉を鍛える
特に1.で紹介した舌を下げる癖のある人は、舌の筋肉が衰えてしまっていることが考えられますので、舌の筋肉を鍛えることが重要です。

鍛え方は様々ですが、簡単なものは、以下の動作を1日に30回行う「あいうべ体操」と呼ばれるものです。

 (1)「あー」と大きく口を開く
 (2)「いー」と大きく口を横に広げる
 (3)「うー」と強く口を前に突き出す
 (4)「ベー」と舌を大きく下へ伸ばす

上記の3点を実施することで、かみ合わせのずれを防止、修正するだけでなく、滑舌が良くなったり、ほうれい線が薄くなったりするなどの効果も期待できます。

ただし、目で見て分かるような大きなずれは、これらではなかなか改善されません。そんな時は、ぜひ歯科医師にご相談ください。

当院では、3,000例以上の治療実績がある専門医が矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月15日

おしゃぶりと聞いて、どういったイメージがあるでしょうか?

「赤ちゃんを泣き止ませる道具」という人が大半かもしれません。
また、「使いすぎると歯並びが悪くなる」という話を聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかし、じつは、おしゃぶりは逆に歯並びが悪くなるのを防ぐための、赤ちゃんのトレーニング器具なのです。

具体的には、おしゃぶりを使うことで、次のような効果が期待できます。

・口の周りの筋肉を鍛えられる
・舌の筋肉を鍛えられる
・顎の発達を促すことができる
・鼻呼吸に慣れる

赤ちゃんがおしゃぶりを使っているところを想像してみてください。

赤ちゃんは、常にチュッチュと吸ってもぐもぐと口を動かしています。
当然、その間は呼吸は鼻で行わなければいけないでしょう。

想像するだけでも、上記の効果は理解できるのではないでしょうか?

口の周りや舌の筋肉が鍛えられれば、しっかりと噛むための準備ができるわけですから、離乳食などでの食育がスムーズに進むでしょう。

また、口呼吸にするとかみ合わせが乱れてしまうのは、周知の事実です。
鼻呼吸は、ある程度大きくなってしまうとなかなか修正できませんので、この頃に癖付けするのはとても効果的です。

もちろん、1歳半くらいまででやめておかなければ、逆効果になりますが、おしゃぶりというのは、とても有効なトレーニング器具なのです
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月 8日

職場に新しい人が入ってきたとしましょう。

1人はニコニコとした笑顔が絶えない人、もう1人は緊張して笑顔がない人、どちらの方が第一印象が良いかは明白です。

もちろん、状況によりますので常に笑っているのもおかしな話ですが、笑顔で表情が豊かな人の方が印象が良いのは、誰もが納得すると思います。

そして、この笑顔には歯を見せて笑う笑顔と、歯を見せずに笑う笑顔の2種類があります。
日本人は、昔から、口元を隠して奥ゆかしく笑うことが良しとされ、口を開いて歯を見せて笑うのは、あまり良いことではありませんでした。
そのため、初対面での社交的な笑顔では、日本人は歯を見せて笑うことがほとんどありません。

しかし、実際のコミュニケーションの場では、歯を見せて笑う方が明らかに親近感を覚え、良い印象を与えてくれるのです。そのため、女優やタレントは、笑顔を作る訓練を受けることが多いのです。

ただし、それが分かっていても、過去の習慣や、日本人独特の恥ずかしさもあって、人前で歯を見せて笑うことはなかなかできないのが本音でしょう。
また、日本人の多くの人が歯並びにコンプレックスを抱いているとも言われていますので、それも大いに関係があると思います。

人との出会いにおいて、第一印象はとても重要なものです。もし、きれいな歯並びがあれば、その最初の一歩を、自信を持って進めることができるのではないでしょうか?

当院では、数多くの治療実績を持つ専門医が矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年11月 1日

歯並びは、第一印象に大きな影響を与えます。

そのため、歯並びを整えることで、自分の第一印象を変えることができるのです。
そこで今回は、歯並びの違いによって、見る人がどんな印象を受けるのかを紹介しましょう。

・上の前歯が出ている(出っ歯)
自己主張が強く、好奇心旺盛、話をするのが好きで、行動力がある。

・歯の間に隙間がある(すきっ歯)
気まぐれで根気がなく、飽きっぽい。いろいろなものに興味を持つが、長続きしない。

・歯が凸凹に並んでいる
利己的で短気、ワガママで、感情にムラがある。こだわりが強く、根気がある職人気質。

・下の前歯の方が上の前歯よりも前に出ている(受け口)
自分本位でワガママですが、実は情に厚い人で、恋愛の誘惑には弱い。一途すぎて周りが見えなくなってしまう。

・八重歯
甘えん坊で、周りから甘やかされる。誰とでも仲良くできる

これらは、あくまでも一般的な印象ですので、実際とは違うという人も多いと思います。しかし、こういった人と初めて会ったときに直感的に感じる第一印象としては、多くの人がうなずくのではないでしょうか。

そして、きれいに整った歯並びには、以下のような印象を受ける人が多いと言われています。

「責任感が強く、几帳面。清潔感があって、真面目」

当院では、今後の人生を健康に過ごすために、身体全体なバランスを考慮した矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月25日

2017年6月、米国科学誌「Journal of Dental Research」に歯の健康と寿命の関係を示す論文が掲載されました。
それによると、高齢になっても自分の歯を多く保持している人は、健康で長生きであることを明らかにしています。(健康寿命も長く、要介護期間は短い)

また、歯周病と成人病やがんなどには、優位な相関(関連性)があるとも言われています。

歯周病がある人は、ない人に比べて発がん率が14%も高いという統計がありますし、心臓病のリスクは、歯周病を患っている人の方が数倍高いという報告もあります。

そもそも、歯周病は口腔内のケアをうまくできないことで起こる症状です。そのため、歯並びやかみ合わせが悪い方が、発症リスクは高くなります。

つまり、歯並びやかみ合わせが悪ければ、歯周病の発症リスクが高まり、発がん率や心臓病のリスクが高まるのです。また、歯周病を患うと歯を失うことにつながりますので、それは、その人の寿命に影響するということになるわけです。

もちろん、歯並びやかみ合わせが悪くても、日々の歯磨きなどの口腔ケアをきちんとしていれば、歯周病のリスクが上がることはありません。しかし、歯並びやかみ合わせが悪いと、なかなかきちんとケアできないものです。

つまり、歯並びやかみ合わせを整える歯科矯正を行えば、見た目や精神的な若さを得るだけでなく、口腔内のケアを容易にすることができ、寿命を延ばすことにもつながるかもしれない、ということです。

当院では、患者様によりよい生活をしていただくために、矯正治療を行っております。
ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月18日

今回は、少し軽い話題です。肩の力を抜いて、気楽にお読みください。

じつは、風水では、「歯」というのは、人を表すと言われています。

歯並びが良い人はきちんと自己管理ができるしっかりした人で、反対に歯並びの悪い人は、だらしなくて自己管理ができない人、というわけです。もちろん、虫歯があったり、歯が黄色くなっていたりするのも同じことです。

また、同様に「口は運気の入り口」とされています。
そのため、歯並びが悪かったり、不衛生な歯が並んでいたりすると、運が巡ってこないのです。

そもそも、風水を気にしている人でなくても、上述のように「歯が汚い」人を見て、仕事ができると思う人は少ないのではないでしょうか?

歯が汚い人と「食事をしたい」と思う人も、多くないと思います。それはつまり、歯が汚いと「人との関わりが減る=チャンスが巡ってこない=運がない」ということに、他なりません。

髪型や身なりにどれほど気をつけても、歯並びが悪く汚れた歯が見えてしまうだけで、その人の印象は大きくマイナスになってしまい、巡ってくるべき運に巡り会えなくなるのです。

風水を信じるか信じないかは別として、歯や歯並びというのは、人の「第一印象」を決める大きなポイントですので、意識しておいた方が良いという、先人の知恵ということは、確かなことのようです。

当院では、患者様の希望に合わせた矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

2017年10月11日

歯科矯正中は、矯正装置を取り付けていますので、なかなか思うように食事がとれません。
治療を始めた当時は特に、いつもと違う感覚で食事が進みにくいものでしょう。

しかし、歯科矯正しているからといって、食事制限をされているわけではありません。特に食べてはいけないものはありませんので、しっかりと食べて元気に過ごしましょう。

ただし、いつもと違っているわけですから、食べやすい食事や食べにくい食事があるのも事実です。
ここでは、歯科矯正中でも食べやすい食事を紹介しましょう。

・お粥や雑炊、リゾットなど
身体が温まり、しっかりと栄養がとれる食事としては、お粥や雑炊は最適です。しっかりと煮込んだ肉や野菜を入れることで、ボリュームも出ます。

・シチューやミネストローネ
野菜や肉をしっかりと煮込んで作るシチューやミネストローネなどのスープ類も、お粥同様、歯科矯正中の食事に最適です。

・豆腐料理
高タンパク低カロリーな食材の代表選手である豆腐は、湯豆腐や味噌汁の具だけではなく、豆腐ハンバーグや麻婆豆腐など、さまざまなアレンジが可能です。おいしくいただいてしっかりと栄養をとりましょう。

・卵料理
豆腐と同様に、栄養豊富な食材の卵も、いろいろな食事にアレンジできます。卵焼きやオムレツなどもよいですが、卵をたっぷりと使ったカツ丼や親子丼も、お肉を柔らかく煮込めば十分においしくいただけます。

以上のように、歯科矯正中には、できるだけ柔らかいものや隙間に入りにくいもの(入ってもとれやすいもの)を摂るようにしましょう。ただし、冒頭に説明したように、食事制限がされているわけではありませんので、気を付けながらも、しっかり食べることが重要です。

当院では、患者様の立場に立った矯正治療を行っております。ご不安なことがございましたら、お気軽にご相談ください。
http://www.imamura-ortho.net/

今村矯正歯科クリニック

今村矯正歯科クリニック

歯科に関する情報をブログで発信していきます。 ぜひご覧になってくださいね。

今村矯正歯科クリニック
http://www.imamura-ortho.net/